結婚式の引き出物でゲストが喜ぶものは知っていますか?

【結婚式の引き出物、素敵な物を贈りたい】
ウエディングプランナーとして働いているともちろん色々なカップルがいますし、ご家族もそれぞれで、新郎新婦のご両親、また地域性もあって何かと意見が衝突するという事もあります。
例えば引き出物、地域によってはかなり高額な引き出物を出すことがよしとされている所もありますし、逆に、あまり気を使わないという地域もあります。
結婚式をされるみなさんにとって、結婚式の引き出物一つとっても、ゲストの方々が喜んでくれる品物をチョイスしたいと考えたいところですが、知っておきたいこともあります。

引き出物としてすごく喜ばれるものもありますし、逆に、これはもらっても困るよ・・と困惑されることもあるのです。
そこで、今回は引き出物について触れていきます。

【引き出物本来の意味を理解してほしい】
まずみなさんに知ってほしいこと、それは引き出物というのは招待させていただいたゲストの皆様に、ご祝儀等の御礼として配るものです。
昔は披露宴でふるまわれるお料理の一部をゲストの家に持って帰っていただき、ご家族と一緒に楽しんでいただくという意味があったのですが、現在は記念品的な存在です。

しかし最近はゲストの方々におもてなしの心を伝えたいという事で、ゲストの方々によって贈り分け、つまり、ゲストの年齢や自分たちとの関係性、また好きなものなどを配慮して贈るものをゲストによって変えるというカップルも多くなっているのです。

勿論お気持ちが伝わる事ですし、素晴らしい趣向だと思いますが、贈り分けを細かく考えすぎると苦労が一つ増えることになるので、お友達、親戚、恩師や上司などある程度のグループで分ける方がいいでしょう。

【人気のある引き出物】
やはり無難で引き出物として最も利用されることが多いといえばカタログギフトです。
新郎新婦がどんなに心配りして商品を選んでも、ゲスト全員が納得できる引き出物になる事はまずありません。
そこで、ゲストが選択できる引き出物がベストと考えるカップル、両家が多いのです。

また昔は割れる、壊れるということで結婚式には忌み嫌われていた食器類も、おしゃれで高価なブランド品など、引き出物に利用される方が多くなっています。

ウエディングプランナーとしてというよりも個人的な意見を言わせていただくと、食器に関しては好みがありますので個性的な物よりも、どのメニューにも合わせやすいものが無難ではないかと感じます。

キッチン用品やバス用品などはいつも使い物だし、使ってみたいものもある・・・という事で、引き出物に利用されることが多くなっています。
ご家族持ちにはキッチン用品、独り者にはバス用品など贈り分けを考えることもできます。

【もらって困る引き出物とは】
地域性もあるのですが、重さのあるものが好ましいという所もあり、圧縮鍋を贈られてもって帰るのに苦労したというお話を聞いたことがあります。
あまりにも重い物は二次会やその後、帰宅する事を考えるとどうなのかな?と思います。

また多くの「困った・・・」が寄せられた意見には、新郎新婦の名前入りのものです。
食器、写真立て、昔だと高給な塗のお盆などに名前が入っているものなどがありました。
捨てることもできないし、かといって使う事も出来ない、これは困りものです。

色々カップルなりに心を砕いて考える引き出物ですが、ポイントはおおきくがさばりすぎないもの、消耗品が好ましい、普段使いに気を使わない物などがいいのでは?と感じます。