コレを抑えとけばOK!結婚式の二次会を開催するときの注意点

【相談されることが多い二次会会場の事】
ウエディングプランナーとして相談されることが多いことに、二次会会場をどこにするかという相談があります。
二次会の会場は新郎新婦が思い切りウエディングの喜びを友人と共にかみしめる事ができる場所なのでとても大切な場所なのです。

二次会の会場についてはウエディングプランナーとしてこういう場所がありますよと、相談に乗る事もありますが、普段会社の方と利用されている場所やカップルがお世話になっている場所などもありますので、基本的にはカップルが決めることが多くなります。
そこで、私が担当したウエディングについて、カップルがどういう場所を二次会会場としたのか、そのポイントなどを紹介します。

【二次会会場を決める前に】
二次会の会場を決めるとき、最も気になることが予算ではないか?と思います。
確かに挙式、披露宴に費用がかかりますので、二次会の会場予算も気になるところです。
まず予算を決めることが必要でしょう。

予算を決定する際には、新郎新婦が全額出すのか、それとも会費制で行うのかをまず決定し、会費制にする場合は一人が負担する金額を決めておくことが必要です。
そこには二次会に参加する予定人数を考えておく必要があります。
大体でいいので予想される人数を決めてその上で利用できる会場を探します。

二次会の会場を決めるときに新郎新婦の二人、御両家が配慮するのは挙式、披露宴を行う場所からアクセスのいい場所を選択するという事も重要です。
当日の天候がよくなかったり、ゲストが土地勘のない方々という事もあるので、近くて行きやすい場所ということがポイントとなります。

【何をしたいのか?それによって会場も違ってくる】
例えばゲストの皆さんにカラオケで存分に盛り上がってほしいと思うとき、カラオケを楽しめる場所が必要だと感じますし、大勢が来ることが予想される場合、座ることができないという状態は避けたい、そのため、どのくらいの人数が来るのか、何をするのかということが重要になります。

何か演出を考えている場合、それができないとなると新郎新婦としても思い描いたウエディングとならないですし、思いをしっかり現実にできるかどうかなど、お店のスタッフさんとお話しできる方がいいと思います。

二次会の会場については、カップルがよくいったお店、カップルが出逢ったお店など、それぞれ思い入れのある場所を選択するカップルも多いです。
ただ、二次会参加希望者が入りきれない会場である場合、その会場は三次会で、人数が少なくなってから利用するなど、人数と予算などをよく考えることも必要なのです。

楽しく、また記憶に残るウエディングにしたいという気持ちを挙式される誰もが持っています。
二次会の会場についても、しっかりと計画し段度っておくことが必要です。