妥協したらダメ!ウェディングケーキを選ぶ際に役立つ基礎知識を教えます

【ウエディングケーキにもこだわってほしい】
一生に一度の結婚式だからこそ、ドレスにも演出にもこだわりたい、記憶に残る挙式にしたいと考えるのが通常です。
私もウエディングプランナーとして、新郎新婦がしたいという事について、出来る限り、可能な限りそのサポートを行っています。

結婚式のウエディングケーキについて、余興の一部くらいに思っている方も多いのですが、ウエディングケーキの入刀は夫婦が最初に行う儀式、大切な事です。
最近は手作りのケーキを用意されたり、お気に入りのスイーツ店に依頼するなど、ウエディングケーキにこだわりを持っている方もいますが、興味のないカップルもいます。

しかしウエディングケーキも、一生に一度しか食べないケーキ、目にしない記念のケーキとなりますので、大切に考えてほしいのです。

【なぜ?ウエディングケーキがあるのか】
ウエディングケーキの由来については諸説ありますが、古代ギリシャの時代に、新郎新婦、両家の繁栄を祈願するという意味を込めて、花嫁の頭の上にビスケットをまいた!!ということがウエディングケーキの始まりといわれています。

18世紀イギリスのビクトリア王女がご成婚された時、三段に重なった立派なシュガーケーキが登場します。
これは西洋において悪魔は甘いものが苦手とされているため、災いを避けるという意味を込めて用意されたといわれています。

現在も利用される高さのある数段の層でできているウエディングケーキは、このビクトリア王女のシュガーケーキが原点となっていると考えられています。

【ウエディングケーキはどんなもの?】
高さ、華やかさ、豪華さを出すために利用するケーキがイミテーションケーキです。
新郎新婦がケーキ入刀を行う部分だけが本物のケーキで、その他は生クリームでデコレーションされていますがイミテーションです。

現在のカップルが最も多く選んでいるのがフルーツなどがふんだんに利用されていて、挙式のデザートしてふるまう事の出来る生ケーキです。
新郎新婦の顔などがデザインされているケーキもあり、お気に入りのスイーツ店に依頼することもあります。

この他にイギリスのビクトリア王女が利用したフルーツケーキにシュガーペーストで豪華にデコレーションされているシュガーケーキ、フランスの伝統的なウエディングケーキとされているクロカンブッシュ(カラメルがついている小さいシュークリームを円錐状に組み上げて作ってるもの)があります。

【オリジナルのケーキを利用する場合】
記念にオリジナルのケーキをオーダーして挙式当日に利用したいという場合、いつまでにオーダーすればいいのか、ショップに必ず確認してください。
お店によって予約可能な期間などが違います。

一般的には1か月前くらいにはオーダーしておくことが求められます。
こういうケーキがいいというイメージ写真などがあればそれをもっていけばいいですし、こういうフルーツを使ってこういうケーキをと説明してもいいでしょう。
いくらくらいかかるか、見積もりをしてもらいオーダーします。