いつまでもボーっとしちゃダメ!新婚旅行から帰ってきてやるべきコト

【新婚旅行の後、のんびりしたい気持ちはわかりますが・・】
挙式からそのまま新婚旅行にいくというカップルもいますし、暫くして仕事の都合などがついてからゆっくり新婚旅行にいくというカップルもいます。
新婚さんですし、夢のような旅行から帰宅して披露宴や挙式などの疲労もありボーっとしたくなるのも納得ですが、しておかなければならないことが実は山積みです。

新婚旅行から帰宅したらまずはご両家にご挨拶しに行きます。
当然のことながらお土産をしっかり持って旦那さんの実家、さらに奥様の実家にご挨拶します。

行く前に必ず両家にアポイントをとっておくことも大人としてのマナーです。
新婚旅行先で撮影した写真などがあれば持っていくと喜ばれます。

【お仲人さん、ご媒酌人について】
挙式でお世話になったお仲人さんやご媒酌人については、新婚旅行から帰宅してお電話でもいいので無事新婚旅行から帰宅したこと、またお世話になったことへのお礼を述べます。
暮らしているところが近いという事なら、お土産をもって伺ってもいいでしょう。

遠方の場合には、またお時間を作ってもらう事になりますので、お電話でお礼だけしておいて、お土産に旅行先の写真をいくつか添えてお礼のお手紙と一緒におくると丁寧です。

【友人・同僚・上司にもお土産を】
結婚式はゲストがあってこそ成功するものです。
ゲストとして余興で盛り上げてくれたり、スピーチをしてくれたなど来ていただいたご友人たちにも、ランチなどしながらお土産を渡します。

同僚や上司にもゲストとして着てもらい、新婚旅行に行っている間、ずっと自分の仕事で負担をかけていたのですから、お土産をもっていきお礼をすることがマナーです。
ちょっとしたメッセージカードに感謝の気持ちを一筆し添えておくと丁寧です。

上司にも休暇を頂いたことへのお礼、結婚式に出席してもらった事へのお礼、またこれからも宜しくお願いしますなど、家庭をもってからもずっと変わらず指導してくださいなどの言葉を伝えつつ、お土産を渡しましょう。

この他に、この先整理する時間も少なくなっていきますし、お子さんが誕生すればさらに時間も無くなるので、新婚旅行先で獲った写真をきれいに整理します。
新婚旅行の写真も大切な思い出、一生に一度の思い出となるのですから、データだけではなく、しっかりプリントアウトして新婚旅行の写真としてアルバムにしてから保存しておきます。

いつでも見返すことができる場所においておくとその後、ケンカをした時などに新婚旅行に行った時の気持ちを思い出して素直に謝る事が出来たという奥様もいます。
大切な思い出の整理、また結婚式最後のイベントとして帰宅後、すぐに行っておくと安心です。